瞑想すごいぞ、的な話。

12月の5・6日の2日間、私は両国のとある会議室にこもっておりましたw

何してたかと言うと、コチラ

私は日々、瞑想をしています。
迷走じゃありませんよ、瞑想ですw
(まぁ迷走もしてますけどねw)

それはフルフィルメント迷走、じゃないw、フルフィルメント瞑想と言う、タイはチェンマイ在住の瞑想家・ボブ・フィックスが創り上げた全く新しい瞑想方法です。

瞑想と言うと、ただ雑念を取り払ってジッと目を閉じて座る・・・日本では座禅のイメージがありますが、フルフィルメント瞑想(以下FF瞑想)はちょいとばかし、いや全然か・・・違います。

それについての詳細は、瞑想歴1年かそこいらの私が述べるよりも、公式サイトでご確認された方が判りやすいと思いますのでリンクを貼っておきます。

フルフィルメント瞑想公式サイト

私がこの瞑想法を知ったのは4年ほど前になりますかねえ・・・

瞑想が心身の調整に役立つ事は、いくつかの書籍やWEBサイトで知ってはいましたが、さてどうやったら良いんだろう?どのくらいで効果が出るんだろう?と思っていました。

当時頻繁に更新していたTwitter(今ではほとんど放置状態)で「瞑想」について誰かTweetしてないかなぁ・・・と検索をかけたところ、ある人物がヒットしました。

それが、Yaccoさんでした。
私はとても惹かれるものがあって片思いフォローをしていたのですが、何かのきっかけで相互フォローになり、ある日、一緒に瞑想しよう!と言う事になり、赤坂でお会いする事になりました。
その時参加したのは私の他に3人。計5人。そこで私達はフルフィルメント瞑想の奥深さとすばらしさをYaccoさんから教えられ、とても興味を持ちました。

がしかし、瞑想伝授をどこで受ければいいか・・・で、大分迷いました。
伝授を受けるには料金も発生します。どこでそれを捻出するか。
それも大きなハードルとなりました。

結局私は、スタートラインに立ちながら、走り出す事を放棄してしまいました。

その3年の間に、Yaccoさんは会社を立ち上げ、瞑想に関わるイベントを次々と開催し、私は彼女のバイタリティーに心底圧倒されたのでした。

そして、昨年11月。彼女はFF瞑想無料説明会付きのイベントを開催したのです。
イベントは二部構成で、一部が無料説明会、二部が瞑想会になっていて、すでに伝授を受けた人が参加者の大半でした。
私の様な未体験の人は少数だったと思います。

そこで出会ったのが、瞑想教師の美佐さんでした。

実はこの日、私は会場変更になった事に気づかず、最初の会場まで行ってしまいました。
会場はしんと静まりかえり、だーれも来ない事にちょっと不安になり、メールを見返してみると・・・


うっわ!!Σ( ̄ロ ̄lll) メール来てたやん!!!!

そうです。数日前に、会場変更のお知らせが届いていたのです!


気づいてなかった・・・ばかばかアタシ!!(ノ><。)ノ))...

どうやっても間に合わない!無理だ!諦めよう・・・と思った私の左上空から、

「大丈夫。間に合うから走りなさい」

と言う声が、聞こえたような、ないような(笑)
それを聞いて、私は、
「間に合うんじゃ、走ろう!」と走り出したのです。
メールに書かれた場所に向かって!

ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

運動会ではいっつもビリだったのに(笑)
スタートラインに立った日から、3年近い月日が経過していました。

どこをどう走ったのか、全然覚えていません(笑)

階段を駆け下り・駆け上り・・・を繰り返し、乗った電車の中でメール。
そして着いたらまたメール。

どうにかこうにか、10数分遅れで会場に到着。
そこで笑顔で迎えてくれたのが、美佐さんでした。

あの笑顔を見た時点で、多分私は、

「あ、この人に伝授してもらおう」

と思ったんでしょうね。

そのくらい、笑顔が可愛らしい女性でした。


説明会が終わって2部に移行した時には、もう伝授の日時をいつにしようか考えていました。
第二部では、すでに瞑想を続けている人達ばかりでしたから、その方々のコメントを非常に興味深く拝聴しました。

それから1ヶ月後、私はFF瞑想で最初に授かるハート・マントラとヤントラを伝授して頂きました。

あれから1年。

現在の私は3つ目のウィズダム・マントラを1週間ほど前に伝授して頂きました。

瞑想する事が日々の暮らしに大分馴染んで来ました。
私は結構怠ける人なので、朝晩の瞑想をサボる事も多々あります。
それでもなんとか、1日1回は必ず瞑想する様に頑張りました。
こんなに頑張ったのは、
20数年前に、同い年で誕生日が近い雅子妃殿下の達筆に刺激を受けて、ボールペン習字を独学で頑張った時以来でしょうか(笑)


前振りが長くなりましたが、
その繋がりで、5日6日に、来日したボブさんのセミナーに行ってきた訳ですよ。ええ。

FF瞑想創始者・ボブ・フィックス氏を間近で見るのは初めてでした。
人懐っこそうな笑顔と太鼓腹のアンバランス(笑)←中身何ですか?と聞きたかったwww

私はワクワクして席に着いたのですが・・・

眠気がひどい。

なんでそんなに眠いんだって思うくらい、眠い。
というか、厳密に言うと、眠いのとはちょっと違う。
目を開けていられないのです。
眠くないんだけど、目を開けて、前を向いていられない。
で、しかたなく目を閉じてうつむいて聞いてるんだけど、その体制だと本当に眠くなってしまい、結局うつらうつらしてしまう・・・

うー、なんだこの重たさは・・・Σ(>o<;)
さらに頭の左側ばかり痛くなる。偏頭痛とも違う感じ。

辺りを見回すと、同じように舟を漕いでる人もチラホラ。
やっぱりアレかな、エネルギーに圧倒されたんかいな?

そんな感じで、
初日はグッタリしてしまいました。

2日目。
今日こそ寝ないで話を聞こう!と思い、会場に入る前にペットボトル飲料を2本、MINTIAを1個、最近お気に入りの「男梅」グミキャンデイを1個(笑)購入。

2日目は初日ほどまぶたが重くはなりませんでしたが、やはり空気が重たい。
なんだろう・・・?空気が渦巻いているような・・・不思議な感覚。
私はボブの講演に耳を傾けつつ、こっそり「男梅」を口に放り込んでは壇上に集中しました。

そして、会場参加者で一斉に瞑想している時は、両手の平がビリビリと痺れ始めました。
しばらくすると息苦しくなり、ゆっくりした呼吸が出来ず、ハァハァと荒い呼吸になってしまいました。
(なんだこの酸欠状態みたいなのは・・?!)

さらに再び頭痛が始まり、頑張って目を開けているのですが、天井がグニャグニャと曲がるような感じがして足元がユラユラ揺れている。「男梅」も効かないw

な、なんじゃこりゃーーーっ!((((;゜Д゜))))))) (byGパン刑事)

胸がムカムカして吐き気がしてきました。
まさかこんなとこでお昼に食べたハヤシライス(と言うか男梅?)をリバースしたら目も当てられんわい!

ガンバレアタシ!
ガンバレ!
ガンバレ!
もうじき休憩時間のはず!!

ハァ・・ハァ・・ハァ・・ハァ・・・・・・・・・・・

そして5分後に20分の休憩時間となりました。

とにかく、少し歩いて来よう。外の風に当たろう。外の空気を吸おう。

そう思って椅子から立ち上がろうとして、また目まい。
何とか立ち上がって歩き出すと、床がグニャグニャする感覚が消えず、新橋の酔っ払いみたいな千鳥足←新橋限定かよっ!

やばい。こりゃエスカレーターも階段も無理。

私は、会場を出た所の窓によりかかり、暮れゆく両国の街並みを茫然と眺めておりました。

いくらか復調してきたようなので席に戻り、その後は大分良くなってボランティアスタッフさんにご迷惑をかける様な事態は回避されました。
そして閉幕。

ボブさん達と集合写真を撮る段階では、ちゃんと歩けるまで回復しました。
地下鉄を乗り継いで、西武池袋まで戻って来るのも何とかクリア。
そして特急の切符を買い「男梅」を食べつつ(まだ食ってるし)地元に戻って参りました・・・

アレはなんだったのかなー。
不思議だ・・・

会場の参加者の方々の中には、

「沢山の光を見た」方もいれば「涙がとめどなく溢れた」方など、幸せな気持ちで胸一杯、と言う強烈に羨ましい(笑)体験をされるケースもあれば、
「強烈に眠かった」「何も起こらなかった」というご意見も聞かれ、本当に人それぞれ千差万別なのでした。

これはきっと、これまでどんな風に生きて来たか、どんな感情に包まれていたか、どういう思考を積み重ねてきたかによって大分違うのでしょうね。

んじゃー、アタシのこの、どんよりな症状は一体ナニから来てるだろう(笑)

色々考えてしまうけれど、それもまた過ぎ去った出来事ですから別にどうでもいいかな。

今はただ、淡々と今この時に目の前にある事を受け入れて行動するだけ。

淡々と。
これが案外出来なかったんですけどね。感情まみれになってウダウダと考えてしまう。
でも、ああ、起こったか。くらいの気持ちで受け入れられる様になって来ました。
100%完璧ではないけれど、以前に比べたら、起こる出来事に振り回される事はグッと減りました。

淡々と受け入れ、こなす。
瞑想する様になってから出来た事です。これだけでも、伝授を決めた甲斐がありましたよww

来年春には4つ目のマントラ伝授だなぁ。

私はどんな風に変わって行くんだろうか。
それが今とても楽しみです。

コメント