人とヒトの繋がりを考えてみる

インターネットというコミュニケーションツールに初めて出会ったのは、1998年でした。

その頃は、掲示板やメーリングリストに、ハンドルネームを使って参加し、共通の趣味や地域、或いは悩みをシェアする事で、新たな人間関係を築くことに、驚きと面白さ、便利さを強く感じていました。

当時使っていたPCはPowerMacintosh5500/225。
今でこそ、熱烈な林檎信者が沢山いるApple社の製品ですが、当時はグラフィック関連の業界人に愛用されてはいても、一般には浸透していない超マイナー機器でした。

PowerMacを駆使して私が参加していたのは、同年代女性が集まった某メーリングリストでしたが、その頃仲良くなったメンバーの方々とは、今でも交流があります。有り難い事です。

月日が流れ、インターネットでの交流も少しずつ形を変えて続いて行きました。
常時接続のADSL通信に変えた2004年、それまで使っていた白いiBookから、巨大なWindowsXPのDELLワークステーションに買い替え、私は自分の言葉を発信していく為にブログを作りました。

最初は写真の貼り付け方も見よう見まねで、文章も早々にネタ切れとなり、毎日サイトを更新する大変さを痛感したものです。
それでも、当時はまだブログが今ほど多くなかった事もあってか、コメントも沢山頂き、それがまた励みになって毎日毎日深夜までパソコン画面に張り付き、沢山の「言葉」を発信して行きました。

翌2005年。
最初のメーリングリストで交流のあった方から、とある招待制のSNSに招待してもらいました。

それが、ミクシィ(mixi)でした。
当時のミクシィは招待された人だけが閲覧・書き込みが出来るサイトで、ミクシィのメンバーになれた事はある意味本当に嬉しく誇らしくもありました。

今ではミクシィも大分廃れて来て(笑)、誰もが参加出来るようにハードルも下がりましたね。

そして同年、ミクシィ同様に当時は招待制だったGREEにも招待され、参加しました。

2つのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)に参加して、私はまたそこで新たな交友関係を築き、ネット上での友達を増やして行きました。

ブログにミクシィ、GREE。
ネット上での発信に注ぎ込むエネルギーはどんどん増えて行きました。
と同時に、人間関係の難しさも垣間見る事になりました。

ほんの些細な事で壊れる友情。
「削除」というボタンで、あっと言う間に消えてしまうネット仲間。
最初は交流するのが本当に楽しくて楽しくて、簡単に増える友達に浮かれていたのに。
数ヶ月、数年のうちに交流は乏しくなり、いつの間にか「友達」では無くなっている事に気づく。

あんなに仲良しだったのに。
キーを押し、ディスプレイ上に浮かぶ文字だけのやり取りで繋がった関係は脆く、儚い。

ネット仲間なんてそんなもんなんですかねえ。。
切れたり繋がったりを繰り返して増えて行き、減って行く。

メールのやり取りだって、
アドレスを変えた事を告げずにいれば、もう繋がる事は、ない。

便利ゆえ、簡単に終わらせる事が出来る人間関係に、
ふと寂しさと切なさを感じた今日この頃。

それでも、共通の趣味・夢などを持つ仲間と実際に会う事で、更に絆を深める事も出来ます。
最初に参加したメーリングリストの仲間と17年も縁が続いているのは、時々直接会っているからです。
会って話をするだけで、ネット上のみの関係がリアルな人間関係へと変わって行きます。
ディスプレイ上ではなく生身の彼らを知る事が、人と人の絆を強くするには必須項目なんだなと実感しました。

そして今は、
いくつかのブログを経て、ココとここで発信しています。
SNSはTwitterとFacebookがメインで、mixiはO型仲間のAちゃんとコメント交換をする事に使っています。

Facebookは全世界で使われていますね。
最初はmixiと似ているな・・と思ったのですが、mixiと大きく違うのは「足あと機能」が無い事でしょうか。

mixiは他の誰かのホームを覗くと「足あと」が残ってしまいます。
当人に知られずにプロフィールを確認する事がしにくい。
足跡は、無料会員なら月に10人分は後で削除が出来ますが、それ以上だと足あとが残ってしまいます。
私はmixiの足あと機能が大嫌いだったので、それが無いFacebookはラクだなー、と、当初は思っていました。

がしかし、Facebookもそれなりに・・・色んな問題が勃発して、こんな実体のない、アホみたいな事で振り回されてるのが面倒臭くなり、いっそ退会しようと思った事も多々ありました。

裏でヒソヒソ・・・と言われたり(笑)
仲良くしていたつもりだったけど、いつの間にか友達解除されてたりね。

そう言う私自身も、毎日Facebook友達の記事を巡回して端から「いいね!」やコメントを付ける作業が次第に負担に感じるようになり、今ではログインした時のタイムラインで上位に出て来て、なおかつ面白いなーと思える場合のみ「いいね!」やコメントをさせていただいております。
(無愛想で申し訳ない)

段々面倒臭くなってしまったFacebookですが、そこで培った交流の中でも、永遠に続いて欲しいとさえ思えるような素晴らしいご縁も頂きました。
今ここで辞めちゃったら、彼ら彼女らに会えなくなるかもしれない。それはとっても悲しいこと。
そうした人達との交流をこれからもずっと紡いで行く為に、まだまだFacebookは続けようと思っています。


FacebookやTwitterで繋がって下さった皆様。
今年も本当にお世話になりました。
楽しい時間を共有出来て、ホント楽しかったです。

また来年も色んな話をしましょうね。
そして、また機会があればお会いしましょう。
そして楽しい時間を過ごしましょう。

ありがとう!良いお年を!

コメント